ホーム
HMCのこだわり
お買い物ガイド
マイアカウント
お問い合わせ
ブログ


おいしい淹れ方


*ブレンドハーブティーのおいしい淹れ方

1.ティーポットとカップはあらかじめ温めておきます。
ティーカップ1杯(150〜180cc)に対して
大さじ1杯(3〜10g)のハーブを入れます。
※商品・お好みによりハーブ量は調整ください

2. 沸騰から一呼吸おいたお湯(98℃前後)を静かに注ぎます。
香りが逃げないように素早くフタをします。フタをして3分蒸らします。

3.蒸らし終えたら、すぐにハーブを取り上げてください。
※そのままにしておきますと、苦みや渋みが出てしまいます

☆取り出す時の3つのPoint☆
・取り出す前に葉をよく泳がせる
・フタについた水滴もしっかりお茶に戻す
・最後の1滴までしっかりきる


*アイスティーのおいしい淹れ方

上記の『ブレンドハーブティーのおいしい淹れ方』で作って冷やすのが一番味が安定しますが、すぐ作りたい!という時の方法です。

1.グラスは冷蔵庫などに入れて冷たく冷やしておきます。

2.大さじ1杯のハーブに、98℃前後のお湯約100ccを注ぎ、フタをして3分蒸らします。
(ホットハーブティーの2〜3倍の濃さで、ハーブティーを作ります。)

3.冷やしておいたグラスいっぱいに氷を入れ、蒸らしたお茶を注ぎ入れ、軽くかき混ぜれば出来上がりです。


*シングルハーブティーの場合

茶葉の形状により、量・蒸らし時間を調整しましょう。
基本的な淹れ方はブレンドハーブティーと同じです。

■細かい茶葉・花部(ペパーミント・カモミールなど)
ティーカップ1杯(150〜180cc)に対してティースプーン1杯くらい
蒸らし時間は、3分程度

■根、実など固いもの(ローズヒップ・フェンネルなど)
ティーカップ1杯(150〜180cc)に対してティースプーン2杯くらい
蒸らし時間は、5分程度




*ハーブを楽しむ豆知識


■ハーブはどのように保存したらいいですか?

保存方法は、密閉できる容器に入れ冷暗場所に置いてください。
金属製の容器は避け、タッパーやジップロック、ガラス容器などをおすすめします。
それらで密閉して冷蔵庫で保管すればいつでもおいしくお召し上がりいただけます。


■ハーブティーは作りおきできますか?

本来の薬効や味・香りをお楽しみいただくには、一煎ごとに新しい茶葉を使い
飲むタイミング毎にお作り頂くことをおすすめします。
作りおきする場合は淹れてから8時間以内に飲みきるようにしましょう。


■ハーブティーは何煎までとれますか?

ハーブティーは、一煎目に薬理成分や香りの約80%が抽出されます。
二煎目以降もお楽しみいただけますが、薬理成分や効能、味は薄くなります。
淹れ終わった茶葉の活用方法としては、ガーゼや麻袋など目の細かい布などで包み
入浴用ハーブとしてお使いください。
(※ハイビスカスなど色が濃く出るものは、そのまま洗濯水として利用すると
色がつく場合があるのでご注意ください)
最後は土に混ぜ込むと、植物の良い肥料となります。


■ハーブティーを飲むタイミングって決まっているのですか?

基本的にお薬とは違うので、紅茶やコーヒーのようにいつ飲んでいただいても構いません。
ただし、健康管理やリラックスなどカラダやココロのことを考えた場合、
食後や入浴後、運動後などのカラダが温まっているときを目安に、
1日2〜3杯を毎日飲み続けることをおすすめしています。
また、人間のカラダは約28日のナチュラルサイクルで細胞が入れ替わっているので
出来れば1ヵ月間は自分にぴったりのハーブティーを継続し
リラックスタイムを楽しんでください。
(人によっては、2週間くらいから体調の変化を実感できるかも?!)



ページトップへ