ハーブと暮らしnote

冷えをとってこころとからだをぽかぽかに
グレーライン Date:2022.1.7
Category:季節のハーブ養生法
Writer:久保田



 

柚子




新年あけましておめでとうございます。


2022、新しい年がはじまりました。
HMCでは本年も皆様のこころとからだを癒し
健やかな毎日を送れるようなハーブティーを
お届けして参りたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


1月5日からは二十四節気の「小寒」の節に入り
一年で最も寒い「大寒」を入れた一ヶ月は寒の内です。
いよいよ寒さが厳しい時季ですね。

寒い時季には全身の血流が悪くなって
ストレスなどでもからだが凝りやすくなります。
また、手足が冷えて寝つきが悪くなり、不眠になったり
ホルモンバランスも崩れやすいとき。

冬はからだをあたためて
自律神経とホルモンのバランスを整えることが大切です。

毎日ハーブティーを飲むことで手軽に温活することができますよ。
冷えの自覚がない人も出来るだけからだをあたため
冷え性の人は、さらなる温活で冷えをとっていきましょう。


ジンジャーやカモミールは
風邪の引きはじめやからだのあたために。
冷え性・血行促進におすすめハーブティーはこちら



運動不足で冷えやすい人は1日20分くらいのウォーキングや
いつも自転車で買い物に行っている人は歩いて行くなど
ほんの少しの習慣でも運動不足の解消につながります。

夜、寝付きの悪い人は布団に入る90分くらい前にお風呂に入ると
入浴により上がった深部体温が下がりはじめ、寝つきが良くなります。
寝る前には熱々ではなく、ほどよく冷ましたナイトティーも是非どうぞ。


ホーリーバジルは効能が多数あり、万能薬とも言われるメディカルハーブ。
インフルエンザなど感染症の予防にも。
免疫力アップ・風邪対策におすすめハーブティーはこちら



ラズベリーリーフやセージ、チェストツリーなどは
寒い時季に崩れがちなホルモンバランスの調整に。
エイジングケアにおすすめハーブティーはこちら



食事や運動、睡眠といった生活のリズムを整えるために
美味しいハーブティーや好きな香りのアロマでリラックスする時間を作って
こころもからだもぽかぽかにあたためてあげてください。
「寒の内」も元気に過ごしていきたいですね。



*こちらの記事は2022年1月5日配信のメルマガから抜粋した内容です。


 


グレーライン

\Follow Me/
          
Facebook
facebook


instagram
instagram


LINE公式アカウント
LINE


《営業日のご案内》
営業時間 11:30〜16:00
※HMC Shop(実店舗)の急な閉店時間変更やお休みはSNS等でお知らせいたします。


2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

休業日


2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

休業日