ハーブと暮らしnote

太陽が生まれ変わる「冬至」
グレーライン Date:2020.12.11
Category:ハーブのある暮らし
Writer:久保田



 

ゆず


12月21日は「冬至(とうじ)」です。

冬至とは二十四節気のひとつで、冬のちょうど真ん中に当たります
北半球では一年で昼がもっとも短くなり、太陽の力が弱まる日です
太陽がもっとも低い位置にあり、部屋に射し込む光は奥の方まで届きます。

太陰太陽暦(旧暦)では、冬至が暦を計算する上で起点となってお
冬至を境に日に日に昼が長くなっていくため、太陽が生まれ変わり
陽気が増え始める、冬至を境に運が上向きになるとされ、
それを「一陽来復(いちようらいふく)」と言います。

冬至といえば、柚子湯ですね。
スーパーや八百屋さんには、もうたくさんの柚子が並んでいます。
鮮やかな黄色で少しでこぼこした柚子は、とてもかわいらしく見えます。
丸くて黄色やオレンジ色の柚子やみかん、金柑などの柑橘類は
まるで太陽のようではないですか。

これは江戸時代から始まった日本独自の習慣で
ビタミンCが豊富な柚子湯に入ると風邪を引かないといわれます。
柚子(ゆず)は、融通(ゆうずう)がきく、
冬至(とうじ)は、温泉や薬草入りの湯に入り病気の治療をする湯治(とうじ)に通じて
縁起が良いことから始まったようです。

冬が旬の柚子は香りも強く、邪気を払うとされています。
柚子湯でからだの芯から温め、柚子の芳香によるリラックス効果で
日頃の疲れをゆっくり癒してみてはいかがですか。
果皮に含まれるクエン酸・ビタミンCによる美肌効果もありですよ


基礎代謝が落ちて体温も低下するこの時季には、温めることが何より大切です。
お風呂上がりやおやすみ前にジャーマンカモミールやシナモン、ジンジャーなどの
からだを温めるハーブティーで冷えを改善すれば、ぐっすりと休めます。

冷え性・血行促進のハーブはこちら


また日頃から、乾燥から守りうるおいケアするローズヒップやジャーマンカモミール、
マローブルーなどのハーブティーを飲むことでからだの内側からもうるおしてあげて。

乾燥・うるおいケアのハーブはこちら


冬至を過ぎたら、今年ももう残りわずか。年末にかけて何かと忙しくなるころです。
ハーブの助けを借りて、冷えと乾燥からからだを守り、免疫力アップを心掛けて
冬を健やかに送りたいものです。

免疫力アップ・風邪対策のハーブはこちら

ハーブティーやアロマで乾燥肌対策について詳しく知りたい方はこちら


*こちらの記事は2020年12月5日配信のメルマガから抜粋した内容です。


 

新着順一覧へ      テーマ別一覧へ

グレーライン

\Follow Me/
          
Facebook
facebook


instagram
instagram


LINE公式アカウント
LINE


《営業時間ご案内》
営業時間 11:30〜16:00
※HMC Shop(実店舗)の急な閉店時間変更やお休みはSNS等でお知らせいたします。


2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

休業日

12時半open


2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

休業日

Top